レーシックの視力回復速度

レーシック手術を行って一体何日で視力が回復するのかを考えた時に、1年間など長いスパンであればやらない方が良いと思うはずです。
ただ、レーシックは視力が最短1週間程度で回復するという事で、視力回復速度は半端ではありません。
また、レーシックの手術を受けた人の9割が視力回復を訴えているため、信頼できる手術なのではないかと思います。
ただ、手術に失敗して視力が悪くなってしまったという人の話を聞いておびえているだけであり、実際はそれほどまでに手術を恐れる必要はありません。
新しい技術で、メガネもコンタクトもいらないとなると、やはり不安が大きくなりやすいので、視力低下も誇張されて報道されているのだと思います。
角膜を切開する手術なので、目に直接傷がついてしまって視力が落ちてしまうと思う人が多いですが、角膜が衝撃に弱いだけであり、衝撃を加えなければ回復した視力は維持して行く事が可能です。
まず、一般の方はそれほど目に衝撃を与える様な行動はしないと思いますし、1週間で視力が戻るのならやってみて損は無いと思います。
レーシックで万が一視力が落ちてしまったとしても、それは安全ピンをあなたが抜いてしまったからであり、決して直接的な手術の影響ではない事を覚えておいてください。