レーシックですぐに視力が戻るという考え方

レーシック手術を行えば、すぐに視力が戻るという考え方は捨てた方が良いでしょう。
確かにレーシック手術では、最短1週間で視力が1.0まで戻るとされていますが、最高1か月近くかかる事もありますので、そんなに素早く効果を実感する事が出来ないかもしれません。
レーシック後にすぐに効果を実感できると勘違いしていて、何度もレーシック手術を重ねて受けてしまう人も中にはいます。
もちろん同じ病院ではレーシック手術を2度、短いスパンで受けることは出来ないでしょうが、別の病院であれば、レーシック手術を受けた事がないと取り繕えば手術を受けることは出来るでしょう。
ただし、レーシック手術を2度受け、角膜を2度はがすということは、相当な負担が目にのしかかる事になります。
せっかく視力回復の段階に目が落ち着いてきた時に、さらに目に負荷をかける事で、視力を失ってしまう恐れがあります。
レーシック手術が直接視力低下に繋がっているのではなく、目に負担をかけた事が視力低下に繋がっている可能性もあるので、レーシックの全てを否定するのは間違いかもしれません。
そこには個人差が影響してきますので、最短で視力が回復しない事がありますが、ゆっくりと視力回復を望むのが一番懸命だと思います。