レーシックで視力低下が起こっているのではない

皆さんはレーシック手術を行ったから視力低下が起こっているのでhないかと勘違いしてしまいがちですが、レーシック手術だけが視力低下に繋がっているわけではないません。
レーシック手術を行う前、視力低下をさせたのはあなた自身ですし、レーシック手術を受けたからと言って、今までと同じ生活を繰り返しているのでは目が悪くなるのは当たり前です。
人間の視力低下は限界があり、失明してしまう事は余程の事故に合わなければないと思うのですが、極限まで視力を下げる原因を皆さんが持っているのであれば、レーシックを持ってしても視力wお下げられる事になります。
視力低下にはスピードがあり、例えば1日中パソコンに向かって仕事をしているのであれば、目も疲れますし、視力が落ちるスピードは相当早いと思います。
視力が戻った状態からそのスピードの視力低下を続けてしまうと、あっという間に視力が低下したと勘違いしてしまう事もあるでしょう。
目が見える様になると、視力が低下している事に敏感になりますし、幅が大きければ大きいほど、視力低下の魔力を思い知る事になるでしょう。
手術を行ったからと言って、視力をキープ出来るという事ではなく、元あった状態に戻すだけなので、今後も無理をすれば視力低下が起こるのは当たり前のことなのです。