レーシックの問題ではない人

レーシック手術は誰でも出来るわけではなく、目に重い病気を抱えている人はまず間違いなく、その病気を治してからレーシックを受けてくださいと言われてしまうでしょう。
レーシックには限界があり、決して目の病気を治す手術ではないので、目自体に病気を抱えている場合は視力を戻す事は出来ません。
健康的な目である事が条件の一つで、健康的な目が疲れて視力を落としてしまった事を回復する手術です。
つまり、少しのずれを修正する手術であり、目に輝きを取り戻す手術ではないという事です。
レーシック出来ない人というのは、眼球になんらかの異常があり、それが視力低下に繋がってしまっている事です。
例えば白内障は、レーシックとは直接関係なく、目の濁りを取った事によって視力が回復する場合もありますし、角膜を元に戻す時に一緒に手術を行ってしまう事もあります。
直接レーシックとは関係ないですが、視力を戻す為に最善の策を尽くすという事で、レーシックが行われている場合もあるのです。
勘違いしてはいけないのは、レーシックが万能であるということであり、目の異常がレンズのずれだけだと思ってはいけないという事です。
レーシックが全てのあなたの目の悩みを解決するとは限りません。