レーシック手術を受けられない人

レーシック手術は目の角膜を切り取って眼球にレーザーを充てる手術なので、角膜を切り取る事が出来ない人は手術を行う事は出来ません。
例えば人より角膜が異常に薄かったり、角膜の硬化が起こってしまっていたり、角膜をはがせない人は手術を受けられない人に分類されます。
まずは角膜に厚さがある事が重要ですので、それだけでレーシック手術を受けられない人に認定されてしまう場合があります。
角膜の薄さには個人差があると思いますが、角膜は育てる事が出来ないのでレーシック手術を諦めるほかありません。
また、目に病気があれば、角膜をはがすことにより、目の内部に病原菌が入り込んでしまう恐れもあるため、危険ですので手術を行う事は出来ません。
角膜が薄い方はレーシックではなく、他の手術を考えた方が良いとは思いますが、レーシックを捨てきれないのであれば、一度お医者さんに相談してみてください。
今後薄い角膜でも手術が行える様な技術が出来れば、角膜が薄い人でも視力の回復を望む事が出来るでしょう。
それまではまず、目を労わって、出来るだけ視力の維持に努めていかなくてはならないのではないかと思います。
目を労わるのであれば、目を疲れさせない事が先決ですので、レーシック以前に、目の環境を整えておきましょう。