レーシックと老化

レーシックは俗に言う老眼には、効果を発揮しませんので、老化で視力が落ちてしまった方は、レーシックの手術を受けることは無意味です。
老化は、現在の医療技術でも止めることは難しく、盛者必衰とはよく言ったもので、人間は老化に抵抗する事は出来ません。
レーシックの分野においては、目が悪くなるというのは、近視である事が絶対条件とされており、沢山動く若者にとっては、近視は非常に辛いものです。
メガネをかければ、可愛くないですし、コンタクトレンズを付ければ面倒だという事で、若者はレーシックを行える資格があるのです。
では老化によって視力が低下してしまった目は、そのまま放っておかなくてはならないのかと言いますとそうではありません。
老眼になってしまった場合、片目ずつ遠視と近視を持たせる事が出来る手術を行う事が出来まして、この場合はレーシックとは全く別物になります。
レーシックはあくまで、両目の近視を矯正する若者だけの手術ですので、老眼の方は別に手術を考えてください。
間違ってレーシックをしてしまうと、ただ損をするだけになってしまいますので、注意しましょう。
老化に効くレーシックは今のところありませんので、流行りに流されない様に注意しましょう。