レーシックの合併症

レーシック手術を行う事により、合併症の症状が伴う危険性があるとされていますが、悪いのは全てレーシックのせいなのでしょうか。
合併症で一番先にあげられるのがドライアイですが、レーシックで合併症が起こるのを知っているのにもかかわらず、ドライアイの人がレーシック手術を受けてしまうのは自殺行為と言えるでしょう。
レーシックは視力が回復するとは言っても、人間のカラダの中でデリケートな部分である目の手術になりますから、一応危険性は持っておいた方が良いと思います。
医師にドライアイである事を申告せずにレーシック手術を行った人が、ドライアイの効果を高めてしまっているだけの可能性がありますので、一概にレーシックが合併症の原因となっているわけではない様な気がします。
レーシック手術で合併症になってしまう可能性はおよそ1%と低い確率ですが、受ける人が多いと考えるとその1%も高い確率になってしまいます。
人が多ければ合併症の症状を訴える人も多くなるわけですから、レーシックは危険だと定義されているのだと思います。
コンタクトレンズを付けている期間が長ければ、ドライアイになる可能性も高くなりますので、自分の目の状況と相談して手術を行いましょう。