レーシック難民について

レーシック難民と言うレーシック手術で視力の低下や合併症が見られた方がチームを作って活動しているみたいですが、果たしてレーシックはそれほど危険なものなのでしょうか。
レーシックではなくとも手術は簡単に行えるものではなく、失敗する可能性もありますし、もともと視力が回復する事自体が夢の様な話です。
レーシック難民と呼ばれている人たちは、その失敗を切り取って膨張させているだけなのではないかという考えを持つ事も出来ます。
レーシック手術を行って幸せに視力を取り戻した人がいますし、日本であまり取り上げられていなかった技術だからこそ失敗の反動が大きかったのだと思います。
メディアも面白がって難民を誇張するように報道しますし、レーシックはそれほどまでに害悪な手術ではないと思うのです。
コンタクトレンズをつければドライアイになりますし、コンタクトレンズと同様に、お手入れが必要になるのはいたしかたないことだと思います。
ただ、コンタクトレンズよりも遥かにお手入れは楽ですし、目薬をさせば目に潤いを与える事が出来ます。
涙腺が切れてしまい、人工の涙腺を付けなければいけないとなれば、それはレーシックでの問題ではなく、手術した病院の問題なのでは無いかと思います。