レーシック手術までの道のり

レーシック手術までの道のりはそう遠くはありませんが、安易な気持ちで始められるようなものではありません。
術後も病院に通わなくてはならないため、ここで皆さん引っかかっているのだと思います。
手術前は、コンタクトレンズの着用が認められておらず、最高で1週間は裸眼で生活して行かなくてはなりません。
目を疲れにくくさせて手術に万全の状態で臨むために目の休憩と言ったところでしょうか。
レーシック手術を行う前に、目が万全の状態であるかを検査時なくてはなりませんが、その検査自体は1時間程度で終わるものです。
内容は、レーシック手術を行う事が出来るのか、レーシックで視力回復を望む事が出来るのか、と言ったところでしょう。
瞳孔を開いたままで検査は行われるため、検査が終わった後は少し周りの光がまぶしく感じてしまう可能性があります。
レーシックの手術自体は約15分で終わるものであり、それほど大手術でもなく、簡単に角膜をはがしてレーザー治療するものなので、それほど恐怖を感じなくても良いでしょう。
終わった後は目を少し休め、家に帰るだけですので、入院も必要なく、面倒が少ない手術と言えるでしょう。
簡単に行える手術ですので、決断から結果までが早く、緊張する時間も少なくてストレスによる負担は無いです。