レーシックと口コミ

レーシックはもともとアメリカで行われていた手術ですが、日本で行われ始めたのには口コミの力が強かった様です。
現在レーシック手術の割合は、白内障手術の割合を超えて、眼科に行く人のほとんどはレーシック手術を求めて眼科を訪れているそうです。
アメリカでは90年代後半にレーシック手術を受ける人の割合が爆発的に増え、1年間で50万件を超えた時期もあったそうです。
衛生的な問題も考えて、レーシック手術を行えるのは、アメリカや日本が中心となっておりますが、衛生面が整っていないと角膜の感染症に陥ってしまう事があるそうです。
視力の回復はよく緑を見ると良いと言われていますが、その効果を実感した事は少なく、視力回復は無理だと思われていたのが当時の現状だと思います。
ただレーシック手術の噂が日本に流れてくると、挑戦して視力を取り戻したいと考える人も多かったでしょうし、成功した人は噂を広めることでしょう。
それでも日本では、レーシック手術の割合が海外と比べて低いので、手術技術自体がうなぎ上りに進化しているわけではありません。
口コミで広まったのは良い物の、悪い噂まで広がってしまったため、レーシックは日本にはまだ根付いていないのでしょう。