レーシックと日本人

レーシック手術が日本人に嫌われている理由の一つは、何と言ってもレーシック難民と呼ばれる人が誕生してしまったからでしょう。
レーシック難民はチームを結成してレーシックの粗悪さを口コミで広めてしまいました。
レーシック自体は非常に安全な手術なのですが、人によっては目の調子が悪かったり、目が疲れた状態での手術に臨んだり、もともとドライアイ気質で手術を行ってしまう為に、合併症が生じてしまうのです。
ただ、レーシックがそこまで悪いものではないと言える理由は、実際に回復している人がたくさんいるからです。
レーシックが日本人に嫌われている理由はそれだけではなく、レーザー手術が日本では主流となっているわけではないので、レーザーに恐怖を感じて抵抗を持っている人が多いようです。
目の角膜を調整する為にレーザーを当てて目を焼くわけですから、恐怖心を感じない方がおかしいと思いますが、海外に比べて挑戦する人が少ないため、日本ではまだレーザー手術が根付いていないのです。
ただ、レーシック手術を受けると確実に視力を取り戻せるという声も多く、日本でもレーシックが普及する日も近いのではないかと思います。
これからもレーシックに関する研究が進んでいくと共に、日本人の関心も高まると思うので、敷居はどんどん低くなってくると思います。