レーシックの種類 ケラートム

ケラートムと言われるレーシック手術は、いわゆる普通のレーシック手術で、よく雑誌でも紹介されている手術の種類になります。
レーシックを受ける人は大体この手術を受けますが、まず眼球に麻酔用の目薬をさし、角膜をはがす準備をします。
麻酔が眼球に行き渡ったら、目の感覚は無くなってくるので、眼球に痛みは感じなくなりますので、早速角膜をはがしていく作業に移ります。
角膜をはがし終えたらレーザーで角膜の光が入る角度を少しずつ調整して行くのです。
視力が回復する仕組みは、鏡が光を反射する位置を変えるのと同じで、屈折する部分を変えて視力回復を狙っていきます。
最終的にはこの角膜を元の位置に戻して接着させ手術は終了になるのですが、角膜は完全にくっついた状態ではありませんので、術後も注意が必要です。
この角膜はくっ付くまでに1週間〜1か月かかると言われており、治癒能力がある人なら瞬時にくっつかせる事が可能です。
ただし、強い衝撃に弱いため、あまり無理をしてしまうと、角膜のずれが発生し、視力低下に繋がってしまうのです。
角膜がくっ付くまでに少し時間はかかりますが、一般的な方法としてケラートム手術が日本でも主流になっています。