レーシックの種類 イントラレーシック

イントラレーシックは、直接角膜を切開して行うレーシック手術ではなく、レーザーを直接当てて保護層というところをはがして行うレーシック手術になります。
イントラレーシックで行った場合、直接角膜の切開を行うよりも、早く目の傷の再生が行われますので、長い期間不安な思いをしなくて済む可能性があります。
くっ付くまでの期間が短い為に、痛みを伴う様な事も少ないでしょうし、内服薬をもらって痛みどめを使う期間も少なくて済むので、面倒がありません。
手術後にお金を払って薬を処方してもらう可能性も低くなりますし、経済的にも安心感的にもイントラレーシックの方が良いのではないでしょうか。
また、イントラレーシックは、くっ付くまでが早いので、手術後に起こりやすい感染症も予防する事が出来ます。
普通の角膜をはがして行うレーシック手術に比べると、比較的安全性も保たれているので、コチラの方法でレーシック手術を受ける人が増えてきているのだそうです。
レーシック手術で一番厄介なのは、術後の経過ですので、術後の経過の心配が少ないイントラレーシックをやってみてはいかがでしょうか。
こうしたところから日本にもレーシック手術を受け入れる人たちが増えていくと良いと思います。