レーシックの種類 ウェーブフロントレーシック

皆さんはウェーブフロントレーシックと言われるレーシックをご存知でしょうか?このレーシックは検査の内容が他のレーシックとは異なり、きめ細やかな視力回復を狙う事が出来ます。
普通のレーシック手術は、検査のあとすぐにレーザーを使って手術をしますが、光の入射角を整えるだけで、細かい目の段差に対応する事は出来ません。
きめ細やかな段差調整が出来ればさらに視力は鮮明に回復し、普通のレーシック手術よりも高い満足度を得る事が出来るでしょう。
ウェーブフロントレーシックは検査の方法が特殊なだけであり、手術自体の内容は他と変わらないものなので、恐怖を感じる必要はありません。
綿密な計算をして目の凹凸を測り、細かなレーザーの照射を行っていくだけですので、少し時間がかかるかもしれません。
検査に特徴があるだけあって、ウェーブフロントレーシックを実践しない人がいますが、結局はどのレーシックも同じで、感染症になる可能性はあります。
ただ、細かい検査の上でやる手術なので、パンドラの箱に触れてしまう危険性が少なく、感染症や後遺症の火の粉が降り注ぐ可能性も非常に少ないと言えるでしょう。
もし自信がなければ、検査の詳しい方法を予め病院で聞いた後に、どれほどの視力が回復出来るものなのかで手術を検討しましょう。