レーシックの種類 エピレーシック

エピレーシックは、今までレーシック手術を受けられなかった角膜が薄い人を対象に行っている手術です。
今まで不可能だった事を可能にしたという事で、エピレーシックは注目されているレーシック手術であります。
角膜をスライス出来る機械が極うすに対応する事が出来たので、エピレーシックの手術が行えるようになったのです。
ただ、エピレーシックは、かなり薄くの角膜をはぐ手術が必要となるために、お医者さんの技術はかなり長けているものでは無ければ成功する事は出来ません。
エピレーシックの手術を行うのであれば、信頼と実績のある病院を選んだほうが良いです。
不可能だった薄い角膜をはぐ事を可能にしたわけですから、かなりのリスクが伴います。
ただ、敏腕医師に任せることで必ず手術は成功しますので、病院選びを慎重に行っていきましょう。
これまでレーシックの良さを体験する事が出来なかった人でも、最近はレーシック手術を受ける人が少しずつ増えてきたので、腕のたつ医師もかなり増えてきたかと思います。
今後日本のレーシック技術がさらに発展し、成功率が100パーセントに限りなく近づくように祈るのみです。
視力を取り戻せる技術力が最高潮まで進化すれば、メガネもコンタクトもいらないクリアな世界が出来るかもしれません。