レーシックの種類 ラセック

ラセックと言われるレーシック手術は、角膜や保護層を切り取らない手術ですので、切り傷による目の損傷が少ないという事で話題になっています。
特殊な液体を眼球に入れ、角膜や保護層を柔らかくして、天然ではがれる様にして、一切の切開手術を行わないのがこの手術の売りとなっております。
手術後の絶対条件として保護用のコンタクトレンズをレンズを付けなければいけませんので、コンタクトレンズを着用した事がない人は、少し抵抗があるかもしれません。
コンタクトレンズの着用期間は、数日間とされていますが、その間に目の不調を訴える人がもちろん存在します。
コンタクトレンズの使い方を分かっていないと、洗浄を怠ってしまったり、洗浄を習慣化出来ていない為に、コンタクトレンズを付けたまま寝てしまいがちなので、注意が必要です。
ラセックの最大のメリットと言えるところは、再生期間が短い事と、切り傷の後が完全に無くなるので、衝撃にも強く、スポーツ選手でも気軽に受けられるレーシック手術となっております。
衝撃に弱いレーシックですが、衝撃にも耐えられるラセックがあれば、感染症や合併症に陥る事態が少なくなりそうです。
切開を行わない事により、緊張感もほぐれると思いますし、レーシック手術に向かう気持ちも変わってくると思います。