レーシックと保険

レーシック手術では、保険は適応されませんので、簡単に手術を受けることは出来ないと思います。
技術的には敷居が低くなってきていますが、保険が適応出来ない事により、金銭的にまだ敷居が高い手術なのではないでしょうか。
ですが、レーシック手術に適応出来る保険も誕生してきているため、昔に比べると、比較的安価で手術を出来るようにはなりました。
ただ、適応できる保険とそうでない保険の区別は、保険会社に実際に相談してみなければわかりません。
保険にも種類がありますし、保険会社の保険の中身も違いますので、大きな補助金は期待する事は出来ないかもしれません。
がんに特化したがん保険はありますが、レーシック手術に特化したレーシック保険なるものは、まだ存在していませんので、大金を保険会社に要求する事は難しいでしょう。
もし、適応出来たとしても、医療保険の一部で、レーシック手術自体に適応する事は出来ない可能性もあります。
術後の薬の処方や通院に関する保険はおりるかもしれませんが、手術が失敗してしまったとしても、死亡保険の様なお金が返ってくるタイプの保険は受けられないでしょう。
ただ、何らかの形で、少しでもレーシック手術の敷居は低くする事が出来ると思いますので、保険会社に相談するのが一番だと思います。