レーシックと年齢

レーシックの手術は、ある一定の年齢に達すると受けられなくなりますが、レーシックが受けられなくなる年齢は特に今っていないのです。
では一定の年齢に達したのかをどう判断するかと言うと、老眼が始まったかどうかで判断します。
老化によって老眼は深刻化しますので、老化が始まる前にレーシック手術は受けなくてはならないのです。
レーシックは若々しい目にしか施す事が出来ないので、老眼による視力低下には無力なのです。
老眼はレーシックで治す事は出来なく、例えレーシックを行っても視力の回復は非常に難しいとのことです。
ただ、老眼は治すことが出来ないのかと言えばそうではなく、レーシック手術以外の手術で治す事が出来ます。
老眼矯正と言われるタイプの手術では、同じ近視でも、老化による近視を矯正する事が出来ます。
レーシックはレーシック、老眼矯正は老眼矯正と割り切って手術を受けた方が良いでしょう。
ただ中には同じ近視なのだからレーシック手術で治す事が出来るという医師もいますので、お医者さんと相談で老人はレーシックを決めた方が良いでしょう。
年齢と共に視力が衰えてきてしまうのは自然の摂理だと思いますし、手術で強引に戻そうとしても余計に悪くなってしまう可能性もありますので、逆らわない方が良いかもしれません。