レーシックと特殊なコンタクト

レーシック手術の他に特殊なコンタクトレンズにて視力回復を狙う方法がありますが、この特殊なコンタクトを用いて行う手術にはどんなメリットがあるのでしょうか。
まず真っ先にコンタクトをするのが面倒だからレーシック手術を受けたいという流行る気持ちがこみ上げてくると思いますが、普通のコンタクトとは違って、目に馴染みやすいので、付け心地がすごく良いです。
レーシックが向かない人にレーシック手術を受けて欲しくないのであえて特殊なコンタクトの存在を表していますが、このコンタクトはたったの1時間付けただけで視力が回復してしまうという優れ物になっております。
これによって、今までレーシックを受けられなかった人も、特殊なコンタクトを使って視力回復をする事が出来るので、是非挑戦して欲しいと思いますが、このコンタクトには欠点もあります。
レーシックはレーザー治療をしてすぐに目がだんだん見えるようになってきますが、このコンタクトは、付けてはずしてを繰り返さなければ視力を回復する事が出来ません。
一時的な視力回復と言ったところで、コンタクトをしなければ視力は前の状態まで戻ってしまいます。
角膜に馴染む馴染まないで、この時間も大きく変わってきますので、全ての人にオススメ出来るものではありません。
レーシックは手術をしてしまえば、コンタクト着用の鬱陶しさがないですが、こちらはいちいち付けるのが非常に面倒なのです。