レーシックと目の疲れ

レーシック手術を受けずにコンタクトレンズを付け続けていると、目の疲れを訴える事が多くなります。
また、ドライアイの人は、コンタクトレンズを付け続けていると、ドライアイを訴える事があります。
コンタクトレンズを付けていると、目が疲れやすくなるので、ファッションの為とはいっても、目が悪くなる一方です。
コンタクトレンズを付けるのが悪いのではなく、1日中遊んでいると、コンタクトレンズを付ける時間がものすごく長くなってしまう為、目の疲れと共に目が悪くなってしまうのです。
また、同じコンタクトレンズをずっと付けているわけにもいかず、付けて寝てしまうと角膜を損傷してしまう恐れもあります。
寝る前にとるを習慣化出来ない人が多く、角膜にレンズが張り付いてしまい、ペリペリと角膜がはがれる様な感覚を味わった人がとても多いと思います。
目に疲れ以外にも、コンタクトレンズには装着の不便さがありますので、それならばレーシック手術を受けて目の疲れを少なくして行くようにしていかなければならないのではないでしょうか。
コンタクトレンズが目に張り付いて、張り付いたコンタクトレンズをはがしたときに一緒に角膜がはがれてしまえばレーシック手術を受けられなくなってしまう可能性もあります。