レーシックとドライアイ

レーシック手術を行う事は、相当目に負担をかける事になりますので、ドライアイを引き起こしてしまう可能性があります。
レーシック手術を受けた直後は、負担量がマックス近くまで達しているので、目が乾燥してしまう事があります。
また、乾燥が乾燥を引き起こすという事も考えられますので、レーシック手術を行ったらドライアイになってしまう可能性も捨てきれないのです。
目が疲れると時たま起こるのがドライアイですので、乾燥して目がさらに疲れ、1日で疲れの蓄積が十分に解消されなければまたドライアイになってしまうのは当たり前です。
今までコンタクトレンズを使用していて、長い期間コンタクトをはずさなければ蓄積が解消されない様な方々は、レーシック手術は諦めた方が良いかもしれません。
万が一、レーシックでドライアイになってしまったとしても、通常のドライアイ治療と同様の方法でドライアイを解消する事が出来ます。
目にしっかりと目薬でうるおいを与え、点眼と呼ばれる目にさらに潤いを与える治療を行って行けば、ドライアイはすぐにでも解消される事になります。
ドライアイは乱視の原因にもなりますので、目が乾く様な感じがするのならすぐに点眼の治療を行って行った方が良いでしょう。