レーシックと夜

レーシック手術を受けた後、昼間は視力が驚くほど上がったというのにもかかわらず、夜は視力が落ちてしまったという方がいます。
シンデレラの様なお話になってしまいますが、魔法をかけて明るいうちは今までと違う世界を見る事が出来ても、暗くなってしまうと視力が元に戻ってしまうという事があるそうです。
なんでもこれは、レーシック手術を受けた事により、角膜が少しずれてしまった為に、瞳孔が開きすぎるとその切り傷の枠を超えてしまう為、超えた分の黒目の部分が低下したままの視力の状態で外の光を取り入れてしまう為に起こる現象なのだそうです。
瞳孔がそれほど開かない人や、コンタクトレンズの着用経験のない人は、気にせずに生活を行って行けるそうです。
夜に視力低下を訴える人のほとんどは、コンタクトレンズが瞳孔にぴったりとはまっていて世界を眺めていた期間が長かった人に多いようです。
裸眼でも光を取り入れやすい場所は決まっているでしょうし、ぴったりと開いた瞳孔に全ての光を収めることは不可能です。
ただ、道具の力を借りてぴったりと光を取り入れる事に慣れてしまった人は、この瞳孔からのずれに少し敏感になりすぎてしまい過ぎる様で、夜に視力低下が起こったと思ってしまうそうです。