レーシックと角膜

レーシック手術を受けた後に、稀に瞳が濁って白くなる可能性がありますが、これは角膜の異常であり、レーシックの合併症でもあります。
白内障に似た症状になるのですが、角膜が濁ってしまうと視界が少しぼやけて見えてしまう事があります。
目の中にホコリが入った時を想像してもらうと分かると思いますが、目に白いモヤがかかってしまった様な状態が続くと思うと気になって瞬きの回数も増えそうです。
この白いモヤは合併症として診断される事になり、レーシック手術の失敗を皆さんは訴えるかもしれませんが、実はしょうがないことなのです。
もともと白いモヤがかかってしまう事を病院の先生は判断する事は出来ませんので、手術をしてみなければどうなるのかは検討もつきません。
ただこの白いモヤは、半年間近くで無くなるものなので、あまり気にする必要はありませんが、視界がぼやけてしまうという事で、せっかくのレーシックが台無しになってしまいます。
気になるようであれば、お医者さんに相談した方が良いですし、レーシック後の無料診断を受けてみた方が良いと思います。
もし目の健康状態がよろしくないようであれば、間違いなく相談した方が良いのは当たり前のことでしょう。