レーシックと不良

レーシック手術を受けると稀に、角膜のが正常に再生せず、時間がかかってしまい、角膜がずれて感染症にかかってしまう事があります。
これを防ぐために開発されたレーシックの技術がイントラレーシックであり、角膜を切開するのではなく、レーザーで保護膜をはがす治療となります。
切開によるレーシックは、感染症を引き起こす可能性があるとして話題になりましたが、結局感染症になってしまう原因は、レーシック手術が直接影響しているのではなく、目を清潔に保てていないからだという事が分かります。
レーシックを受けたのにもかかわらず、視力が回復しないからといって、コンタクトレンズを付けてしまいますと、正常に再生していない角膜がずれてしまう事になります。
視力が回復する事を希望してレーシック手術を受け、メガネやコンタクトに別れを告げたのにもかかわらず、視力が良好に回復しないのに腹を立てて、今までの生活と同様に目を扱ってしまう人が非常に多いです。
視力が瞬時に回復するのであれば、メガネやコンタクトの存在は今にでも跡形もなく消え去ってしまう事になるでしょう。
術後の経過をお医者さんに告げに行かなければならないという事は、視力回復までには少し時間がかかるという事です。
早い視力の回復を望めるからと言って、瞬時にではありませんので、1週間や2週間は我慢をして欲しいところです。