レーシックと砂漠

レーシック手術の後数週間が経つと、目に斑点が出来て、視力が悪くなる自体が発生する事があります。
本当にごく稀な出来事であり、医師でも発見が遅れてしまう可能性が高く、自分でも気付かずに生活してしまう事が多いため、これは重症になりやすい症状です。
目が砂漠の砂が吹き荒れるかのようにまだら模様になってしまう事で、遠視の原因を作ってしまう事になります。
遠視だけではなく、片方の目にまだらが出来れば乱視を引き起こしてしまう可能性もあり、レーシックの中でも恐れられている術後の症状なのです。
ただ、この目の砂漠化現象もイントラレーシックならほぼ0パーセントにする事が出来ますので、最先端のレーシックであるイントラレーシックに頼るのが一番だと思います。
イントラレーシックの手術は、全てレーザーで行うため、少し恐怖を感じてしまうかもしれませんが、安全性はどのレーシック手術よりも長けていると言えます。
恐怖心を感じない為に普通のレーシックを受けてまだら模様を目に出してしまうよりは、イントラレーシックで安全に手術を行った方が良いと思います。
基本的に目の手術は勇気が必要なので、レーシックはどれも恐怖を感じるものだと思っていてください。
恐怖心に安全性を付加させる事が出来れば何も問題ないと思います。