レーシックと照射

レーシックの手術中は恐怖心にとりつかれたとしても、目を絶対に動かさないでください。
レーザーやメスが目の中に入るとなると、目をキョロキョロさせてしまいがちですが、気を付けてください。
また、手術のライトを見た時に目をそむけたくなると思いますが、それも気を付けてください。
気を付けなければどうなるか…それはレーザーが的確な場所へ当たらずに角膜をはがしたところ全体の光の屈折を変える事が出来なくなるので乱視になってしまう可能性があるのです。
レーシック手術にて視力の回復は出来たものの、視界がぼやけてピントが合うまでの時間が前よりも長くなってしまったという人もいます。
ですが、現在の医療技術は物凄く進化しているらしく、目をキョロキョロしてもレーザーが的確に照射を行ってくれる様な機械が既にレーシックを行っている病院へ普及し始めているそうです。
恐怖で目をそらしてしまっても逃れることは出来ませんし、逃れたとしてもどうせ照射される事になりますので、手術的には順調に事が進むのです。
むしろ逃れられない方が安全であり、手術を完璧に済ます事が出来るので、このシステムは患者さんにとても人気がある様です。
目の泳ぎは自分で止められるものではなく衝動的に行ってしまうものなので、安全性を確保するなら追尾された方がマシなのかもしれません。